横浜でペットの葬儀のことならご相談ください。

横浜でペットの葬儀
2018年10月30日

猫の葬儀も人と同じように手厚かった!

先月、飼っていた猫が亡くなりました。5年前に兄が道で拾ってきた捨て猫でした。猫にしては人懐っこく、いつも私達兄弟の近くでおとなしく遊ぶいい子でした。
約1年前に病気が発覚し、少しずつ衰弱していきました。先月亡くなった時はあまりに悲しくて、家族皆で何度も抱きしめ、冷たくなっていく体を暖めました。私達家族にとって初めてのペットの死となり、どのように対応すべきか放心状態の中、同じようにペットを亡くした友人からペットの葬儀のことを聞いたのです。
地元の横浜にあるペットヘブンさんはペット葬儀の専門で、人が亡くなった時のように亡骸のお迎えから火葬、希望者は納骨堂に預けることも出来るとのことでした。料金はペットの重さにより異なります。
無事に成仏して欲しい気持ちと、これまでの感謝の気持ちとでこちらで葬儀をお願いすることにしました。教えて頂いたようにタオルにくるんで運びました。
火葬は個別か合同か選択ができ、個別火葬を選び、最後のお別れをしました。骨壺は家に持って帰り、仏壇に置いています。葬儀はとても丁寧で手厚く、人の葬儀のようだなと思ったくらいです。
きちんと葬儀をしてよかったと思いました。

ペット葬儀について


筆者が子供の時は飼っていた動物が亡くなったらどこかに穴を掘って泣きながら埋めたりしたものですが、現代ではそうもいかなくなりました。
家族の在り方が変化し、ペットを家族として溺愛する人も大変多いです。そんな家族のペットが亡くなった時にはどのような葬儀になるのか、横浜のペット葬儀を専門とする「ペットセブン」に聞いてみました。
まずペットの遺体のお迎えも頼め、火葬の前に最後の別れの時間もある。火葬は個別火葬と合同火葬の2つから選択。個別の場合、お棺の中に花や手紙、好物だったものが入れられる。合同の場合、個別の収骨は出来ないため火葬後に自分のペットの骨は手にできないことが大きな差。料金はペットの重さによって変わるとのこと。
火葬料金、お別れ・収骨料金、もし遺体の迎えを頼めば別途料金など価格が細かく設定されており、とても明瞭。納骨堂まで完備され預けることもでき、現代の生活スタイルを反映していると感心したのでした。


PageTop